組織内のチームビルドは「ジグソーパズル」
「才能」による社員の活かし方が明確になります。

「才能経営」によって社員ピースの凹凸が明確になり、それぞれのレベルが成長し、最適なチームビルドによってジグソーパズルが完成すれば、あなたの会社の「新たな可能性が見えてきます。

才能経営とは、

社員一人一人の凹凸(才能分野と苦手分野)を明確にして、才能分野を伸ばし、お互いに共有しながら、それぞれの苦手分野を補い合うことで、個人の適性を活かした最適なチームビルドを行い、(=タレントダイナミクス)

それぞれの人財(ピース)の現在レベルと可能性を正しく測定し、各自の目標に沿ったコミットを明確にして、それぞれのレベルを高めていくことで、企業全体の「信頼とフロー」を高めていくメソッドです。(=タレントスペクトル)

タレントコンサルティングは、この「才能経営」のコンセプトにより、社員一人ひとりに対して正しい診断と研修を通じて、社員の「働きがい」と、企業の「経済成長」を同時に実現し、持続可能な社会づくりに貢献します。

SDGsでも求められる「働きがい」と「経済成長」の両立

国連が提唱しているSDGs(持続可能な開発目標)の8番目のゴールに「働きがいも経済成長も」という項目があります。今、持続可能な社会作りの世界的な流れとして、企業活動も社員の「働きがい」と「経済成長」の両立が重要視されるようになりました。

才能経営が実施された会社では、社員一人ひとりの才能や適性が活かされ、個人が自己重要感と自己成長を常に感じながら、チームメンバーが互いに尊重され、自らが会社や社会に対して主体的に貢献している実感(=働きがい)を得られます。

従業員の「働きがい」は、会社や社会全体の「経済成長」を促し、人々の「生きがい」を高めることにつながっていきます。

 

タレントダイナミクスとは

詳細はこちら

タレントスペクトルとは

詳細はこちら